うつを繰り返す病気です

ハートと聴診器

ストレスや脳内のセロトニン不足が要因

反復性うつ病は、うつ病の症状が頻繁に繰り返される病気です。一般的なうつ病と同様に、気分の落ち込みや意欲、気力の低下、興味の喪失、食欲不振、睡眠障害などの症状が見られます。双極性障害とは違って、躁状態になることはありません。反復性うつ病の原因は、職場や学校、家庭などのストレス、脳内のセロトニンの低下などがあります。気になる症状が見られる場合は、早めに精神科のクリニックや病院で、診察を受ける必要があります。反復性うつ病は一般的なうつ病に比べると、症状が軽いですが、病気が長引く傾向があります。精神科の病院やクリニックでは、抗うつ剤や睡眠導入剤の処方を行ったり、カウンセリングなどの精神療法を行います。一般的なうつ病と同様に、自傷行為が見られることがあります。髪の毛や睫毛を抜いたり、爪を噛む、体に爪を立てる、リストカットなどが見られることがあります。家族に変化が見られる時は、早めに受診をさせることが大事です。自傷行為は死ぬのが目的ではなく、自分の体を傷つけることで、ストレスを解消する行為です。自傷行為がなかなかやめられず、悩んでいる人が少なくありません。精神科の病院やクリニックでは、デリケートな悩みを相談しやすいです。配偶者や家族が付き添ってあげることで、本人が気付いていない症状を医師に伝えることが出来ます。反復性うつ病の症状は、多少な個人差がありますが、入院が必要になるケースは少ないです。薬の服用を中断すると、再発の原因になることが多いです。本人の代わりに家族が薬の管理をするのもお勧めです。

反復性うつ病は、転職や転校、引越しなどで大きく環境が変わったり、大切な人やペットとの生死別などが原因で再発することがあります。うつ病は真面目で責任感が強く、緊張や不安を感じやすい人は、罹りやすい傾向があります。ストレス耐性が弱い場合は、反復性うつ病に罹ることがあります。反復性うつ病は、他の精神疾患と同様に家族の理解が必要な病気です。うつの症状が重い時は、家事や仕事でミスが増えたり、無気力になることもあります。家族が家事を手伝ってあげることで、患者の負担を減らすことが出来ます。うつ病に罹るとマイナス思考に陥り、認知の歪みが出ることもあります。反復性うつ病は、認知行動療法や精神療法も大変有効です。間違った考え方を改めることで、うつの症状が改善することがあります。一般的なうつ病に比べると症状は軽いので、定期的に通院をすることで普段通りの生活をすることが可能です。抗うつ剤は優れた効果がありますが、医師の許可なく服用を中断したり、減薬をするのは避けて下さい。反復性うつ病は症状が良くなってくると、薬を減らしてもらえたり、軽い薬に変えてもらうことも出来ます。症状が出ていない時は、家事や仕事もこなすことが出来ます。一般的なうつ病に比べると、症状が長期化することもありますが、根気よく治療を続けることが大事です。精神科の病院やクリニックでは、健康保険が適用されるので、安心して通院が出来ます。職場や学校などの人間関係が原因の場合は、一時的に休職や休学をすることで、改善することもあります。

Copyright© 2019 利用する目的とサービス内容をよく理解しておこう All Rights Reserved.